niftyのwimaxをダメージゼロで解約する方法

nifty wimax WiMAXの解約方法

niftyで現在利用しているサービスの契約をやめるには、契約更新が行われる月に、解約の申請を行うのが基本です。
これはwimaxにもあてはまるなポイントで、利用者自身が申請して手続きを行う必要があります。
解約は解除とも呼ばれますが、nifty公式のWebサイトにおいて、会員ページから手続きを行うことが可能です。
原則として電話窓口でも受け付けていますから、インターネットに繋がる環境か、電話のいずれかで契約解除の手続きを行うことができます。
当然ですが、会員ページへのアクセスにはログインが不可欠なので、ログイン情報を手元に用意することが大切です。
更新月にWebサイトで手続きをするか、電話で伝えてwimaxのサービスをやめる、これが基本的な流れだといえるでしょう。
更新月は2年に1回のみですし、このチャンスを逃すと違約金が発生してしまうので、手続きを行うタイミングを間違えないように要注意です。
2年目を逃してしまっても、同じ周期で再びチャンスは訪れますから、その点はまだ安心だと思われます。

nifty wimax WiMAX 解約手続きの流れ

niftyでwimaxの解約手続きを行う流れとしては、niftyの会員サポートサイトにアクセスして、ユーザー名かIDとパスワードを入力してログインします。
次にID契約を残してwimax契約の解除を選び、解約手続きを画面の指示に従って進める流れとなります。
この手続を進めることで、現在利用しているサービスが解除され、以降は料金が請求されなくなる結果に至ります。
ただし、更新月以外に解除を行うと違約金が発生してしまいますから、やはり会員ページか電話窓口で確認することが必要です。
電話の場合は土日祝日も関係なく、毎日10時から19時の間で問い合わせなどが行えます。
電話では音声ガイダンスが流れますが、3を押してから4を押すと解約が行えるようになります。
会員サポートページは24時間対応ですから、基本的にはこちらで解約を進めた方が良いでしょう。
いずれにしても、更新月に解約することがダメージをゼロにするポイントなので、やめ方よりもやめるタイミングが重要です。

nifty wimax WiMAX違約金のかからない更新月は?

解約しても違約金がかからない更新月は、最初の最低利用期間を迎える25ヶ月目で、この時に利用をやめると負担が0円になります。
言い換えれば、24ヶ月目や26ヶ月目以降に解約すると、違約金が発生してしまうことになるでしょう。
ただ、49ヶ月目や73ヶ月目のタイミングであっても、25ヶ月目と同様に無料で解約が可能です。
更に契約した当月、つまり0ヶ月目に解約すると、違約金が発生してしまうので注意が必要です。
適用されたキャンペーンや割引も無効になるので、この点にも注意が必要だといえます。
勿論、使用した通信量についても違約金がありますから、違約金と使った分を支払うことになります。
利用開始月や1年目の税抜19,000円で、2年目は14,000円、3年目以降は9,500円です。
利用期間が長いほど負担は少なくなるものの、それでも無視できない負担が発生するので、必ず更新日を逃さないようにしたいところです。
1ヶ月、あるいは1日でもタイミングがずれると負担がありますから、受け付け時間が限られる電話を使う方法で手続をする時は特に気をつけましょう。

nifty wimax WiMAX 解約手続き注意事項

niftyのwimaxを解約手続きする時は、IDまで完全に解約を行うと、メールアドレスが利用できなくなることに注意です。
会員サポートページにログインできなくなるので、各種の契約情報や利用状況の確認も不可能になります。
niftyでは、wimaxのサービス解約を済ませてからIDの利用を解除する、という手続きが求められます。
前者はまだメールアドレスが使える状態ですが、後者を行うと完全に利用できなくなります。
厳密に言えば、前者はサービス利用の解除で、後者はniftyの会員そのものをやめる手続きのことです。
IDさえ有効であれば、まだ会員情報のチェックはできますし、会員サポートページにアクセスして各種の内容が確認できます。
逆に捉えると、解約だけではIDが有効なままなので、再びログインできる状況が残ります。
タイミングを間違えないことも大切ですが、順番に正しい手続きで解約する、それもまた念頭に置いて気をつけたいポイントです。

nifty wimax のメリットデメリット

niftyはインターネット黎明期から存在するサービスで、知名度が高く信頼できる点が大きなメリットです。
手厚いサポートにも期待できますから、安心して契約したり利用可能なサービスとなります。
また、キャッシュバックを受け取るチャンスが豊富なのもメリットで、niftyを検討する際のポイントとなっています。
他にも、固定回線との併用で月額料金が少しお得になったり、スマホとでんきやガスのセットでお得になることも魅力です。
一方のデメリットとしては、口座振替が不可能でクレジットカードが必須なことや、更新月を逃すと高額な違約金が発生する点が挙げられるでしょう。
解約と解除という似ている言葉で混乱しやすかったり、解約手続きを行っても正常に完了したか分かりにくい、といった気になる部分もあります。
メリットとデメリットのバランスを考慮すると、違約金を除けば割と良好ですし、タイミングさえ逃さなければダメージゼロで解約できます。

未分類

Posted by yon