GMOとくとくBBのWiMAXをダメージゼロで解約する方法

GMOとくとくBB WiMAXの解約方法

gmoとくとくbbのwimax解約方法は、会員サポートページのbbnaviで行うやり方となっています。
具体的には、bbnaviで更新月を確認して、サービスとオプションの削除、解約ページで該当のサービスを選ぶ形です。
bbnaviのページにログインして、手続きしたいサービスを選ぶだけと簡単ですが、誤って他のサービスを削除しないように要注意です。
また、もう1つの方法として書面を郵送するやり方もありますが、wimaxは対象外なので、やはりbbnaviを利用することになります。
端末の返却は不要ですし、画面の指示に従い操作するだけですから、内容を良く読んで手続きを進めれば簡単です。
更新月以外なら電話窓口やWebフォームから問い合わせできますが、通常はインターネットで完結することになっています。
いずれにしても、手続きの際は違約金が発生しないか確認した上で、gmoとくとくbbの会員サポートページから手続きするのが基本です。

GMOとくとくBB WiMAX 解約手続きの流れ

解約手続きの流れはとてもシンプルで、まずは公式サイトから会員サポートページのbbnaviを開き、IDとパスワードを入力してログインします。
次に、現在ご利用中のサービスの項目を選び、契約更新月を確認して作業できるかチェックしましょう。
手続きは契約更新月の前月21日から20日まで可能で、この間ならbbnaviで解約できます。
それ以外の月に解約を希望する場合は、その月の20日よりも前に、電話窓口かWebフォームで問い合わせする必要があります。
更に、毎月1日から10日頃は請求書の作成期間中なので、この間も通常の方法では解約できないことに注意が必要です。
タイミングを誤ると翌月の料金が請求されてしまいますし、折角のタイミングを逃す恐れもあります。
解約しても連絡がない場合は、メールの受信を拒否してしまっていたり、迷惑メールに分類されている可能性が高いです。
サポートセンターに連絡を入れる場合は特に、問題なくやり取りできるように気をつけたいところです。
利用サービスの削除を済ませることができれば、端末の返却は不要なので、これでもう完了となります。

GMOとくとくBB WiMAX違約金のかからない更新月は?

違約金のかからない更新月は、2年以上の契約期間が過ぎて次の更新月がタイミングです。

例えば5月に契約して端末を受け取った場合は、その2年後の6月が更新月となります。
正確には2年契約なら25ヶ月目、3年契約であれば37ヶ月目が該当します。

更新月の20日よりも前、前月の21以降なら解約手続きを始めることが可能です。
この間は違約金が発生しませんし、安心して解約することができるでしょう。
ただ、間違いなく手続きする為には、会員サポートページのbbnaviを利用して最新の情報を確認することが大切です。

サービスの利用を始めた翌月から数える形なので、1ヶ月ズレて認識していると、更新月を間違えてしまう恐れがあります。

それに、1日でも期限を過ぎて解約すると違約金がかかりますから、間違えないように前もってbbnaviをチェックするのがベストです。

仮にもしチャンスを逃してしまえば、次の機会まで契約を続けることになったり、違約金を払わなければなくなるので注意しましょう。

GMOとくとくBB WiMAX 解約手続きで注意すること

たまま放置していると、違約金が発生してしまう可能性もありますし、次の契約更新月まで待つ事になった人も珍しくないのでで注意が必要です。

解約手続きにおける注意点としては、更新月を逃すと契約期間に応じて、税抜19,000円か24,800円の違約金が発生することが挙げられます。

それに26ヶ月以降でも、9,500円の違約金が設定されていることも注意点に加わります。

更新月の確認はbbnaviにログインするだけと簡単ですし、何時でも表示してチェックできるので、解約可能になる前から定期的に確認した方が良いでしょう。

日付も解約手続きにおける注意点なので、何時契約して利用を始めたか、その月から数えて何ヶ月かも要チェックです。

クーリングオフ期間の8日以内や20日以内でも、解約手数料を支払わずに利用をやめることができます。

20日目までならリスクなしでやめられますが、8日目を過ぎた後は電話窓口に問い合わせて、そこから手続きを進めることになります。

受け付けは平日10時から19時のあいだですから、曜日や時間を逃さないように気をつけましょう。

それとキャンセル扱いになるので、20日目までに使用した分の通信料を支払ったり、端末の返却が必要なことにも注意です。

GMOとくとくBB WiMAX違約金のかからない更新月は?

改めて違約金のかからない更新月を確認すると、利用開始2年後の翌月25ヶ月目か、3年経過後の37ヶ月目となります。

前月21日から当月20日までが解約のチャンスで、違約金を支払わずにサービスの利用がやめられます。

最低利用期間を経過した後の解約は、会員サポートページのbbnaviで手続きできたり、gmoに対する端末の返却が不要ととても便利です。

注意点は、違約金は更新月いっぱいかからないわけではなく、期限を過ぎると契約が更新されてしまうことです。

それから契約当月であれば、8日以内か20日以内の間で、違約金不要の解約が実現します。8日以内なら無条件で手続きできますが、税抜3,000円の事務手数料は請求されます。

20日以内でも違約金はありませんが、電話で手続きをする必要があったり、使った分の料金は請求されるなど負担があります。

送料負担で端末を返さなくてはいけないので、キャンセル可能といってもダメージゼロではないです。2年目以降の25ヶ月、37ヶ月のタイミングなら、違約金どころか端末の返却も不要なので、ダメージゼロで解約が行えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です