ソフトバンクエアー解約金のダメージゼロで乗り換える方法

ソフトバンクエアーを無料で解約する方法

ソフトバンクが提供するモバイルサービスのairでは、高額な解約金が設定されています。
これは更新月以外に辞めようとする場合に発生する負担で、その機会を逃してしまうと支払いが求められます。
また、Airターミナルの利用で分割払いを選択するケースでも、同様に負担が発生することがあります。
ソフトバンクエアーを無料で解約する為には、最低利用期間の2年以上使い、Airターミナルの分割払いを完了した上で、次のタイミングで辞めることが条件です。
具体的には4年使用後で更新月のタイミングですから、契約前に無料で辞める条件を良く確認したり、どの時点で無料になるか把握しておく必要があるでしょう。
更新月は契約した月によって決まるので、その点を理解して念頭に置いてから、利用を決めることが大切です。
既に利用を開始しているのであれば、使い始めた日付の確認を行い、4年後と次の更新月をチェックすることで、無料で辞められるタイミングが分かります。
例外として、利用開始から8日以内のクーリングオフ期間中や、他社からの乗り換えキャンペーン利用なら、無料になって負担がなくなります。

ソフトバンクエアーのデメリット

ソフトバンクエアーのデメリットは、解約が無料になるまでの契約期間が長く、4年使わなければいけない点がその1つです。
しかし、softbankの営業エリアに含まれていない地域だと、契約自体ができない可能性があります。
これは例えばマンションに入居していて、5階以上の高さに住んでいる場合も、エリア対象外として契約を断られる恐れを意味します。
それに、契約できたとしても解約金が高めの設定で、一度利用を始めると心理的にも辞めにくいのがデメリットです。
意外かもしれませんが、実はsoftbankが提供する固定回線よりも、ソフトバンクエアーの月額料金は高くなっています。
月額料金なら3,800円と4,300円の違いですし、24,000円の工事費はない代わりに、58,320円の本体代金が発生します。
ただし、いずれも解約時まで負担はありませんから、長期利用を行うつもりであれば、あまり気にしなくても良いポイントとなるでしょう。
回線速度も固定回線の方が速い傾向なので、ソフトバンクエアーは固定回線が引けなかったり、工事なしで直ぐにインターネットを使いたい場合におすすめとなります。

ソフトバンクエアーの解約金はいくら?

ソフトバンクエアーの解約金は9,500円で、最低利用期間を超えて更新月を迎えないと、この金額の負担が必要となります。
本体は購入だと58,320円と高額ですし、レンタルだと分割できるものの、4年未満だと残債が発生するので、やはり辞める時の負担は大きいといえます。
2年後の更新月なら負担は0円ですが、本体の残債が19,440円残るので、19,440円の費用の支払いが求められるでしょう。
ソフトバンクのサービスに関係なく、最低利用期間に満たない利用だと、少なからず解約金が発生するのは仕方がないことです。
それでも、契約する回線によって金額は変わってきますし、やはりソフトバンクエアーの9,500円は他と比べて高めの設定だと思われます。
解約金を無料にしたり少しでも下げたいのであれば、情報を集めて無料になる条件を把握したり、その方法を活用できるようにしておくのが安心です。
そうすることで、サービスの利用を前向きに考えることができたり、不安なく使い始められるはずです。

ソフトバンクエアーの解約金の確認方法

ソフトバンクエアーの解約金を確認するには、通話料無料の専用電話窓口に問い合わせるか、契約者用の会員ページにログインする2つの方法があります。
前者は平日の10時~19時の受け付けで、自動ガイダンスに従い操作を行うと、オペレーターに通話が繋がります。
一方の後者は、ログイン後のページでS-IDでログインを選ぶと、これで分割払いの残り回数や残債と、残金が24時間何時でもチェック可能です。
分割払いはソフトバンクエアーの端末、Airターミナルに関するもので、基本的に毎月1,620円の36回払いとなっています。
ただし、月月割の適用によって実質無料になりますが、早期に解約すると違約金として残債の支払いが必要です。
開通工事が不用で簡単に使い始められる、そういった評判がありますが、速度は遅くなってしまうという声も少なからず存在します。
端末の到着後8日以内なら解約金なし、つまり無料で解約できるので、この間に使用感を確かめることが肝心です。

ソフトバンクエアーの最低利用期間は

ソフトバンクエアーは、最低利用期間が2年に設定されていて、この間に解約すると違約金の支払いが必要です。
詳しくいえば、契約を交わし利用を開始してから2年以上で、Airターミナルをレンタル契約していると、分割の残債を一括で支払うことにもなり得ます。
しかし解約金も残債も0円にしようと思えば、実質的に4年以上使い続けることが必要になってきます。
工事不要で使えたり、開通までの日数が短く済むのは魅力ですが、こういった利用における条件があるので要注意です。
ただ、他社からの乗り換えキャンペーンを活用することで、解約費用が還元される特典がありますから、実質的に負担が0円となります。
利用開始後に他の回線と比較して乗り換えたくなっても、キャンペーンを利用しておけば解約金の支払いなしで、解約や乗り換えが実現します。
通常は最低利用期間の2年以上の契約継続が不可欠ですが、いくつかある条件の1つにあてはまれば、2年間使わなくても済むというわけです。

未分類

Posted by yon