niftyのwimaxをダメージゼロで解約する方法

nifty wimax WiMAXの解約方法

niftyで現在利用しているサービスの契約をやめるには、契約更新が行われる月に、解約の申請を行うのが基本です。
これはwimaxにもあてはまるなポイントで、利用者自身が申請して手続きを行う必要があります。
解約は解除とも呼ばれますが、nifty公式のWebサイトにおいて、会員ページから手続きを行うことが可能です。
原則として電話窓口でも受け付けていますから、インターネットに繋がる環境か、電話のいずれかで契約解除の手続きを行うことができます。
当然ですが、会員ページへのアクセスにはログインが不可欠なので、ログイン情報を手元に用意することが大切です。
更新月にWebサイトで手続きをするか、電話で伝えてwimaxのサービスをやめる、これが基本的な流れだといえるでしょう。
更新月は2年に1回のみですし、このチャンスを逃すと違約金が発生してしまうので、手続きを行うタイミングを間違えないように要注意です。
2年目を逃してしまっても、同じ周期で再びチャンスは訪れますから、その点はまだ安心だと思われます。

nifty wimax WiMAX 解約手続きの流れ

niftyでwimaxの解約手続きを行う流れとしては、niftyの会員サポートサイトにアクセスして、ユーザー名かIDとパスワードを入力してログインします。
次にID契約を残してwimax契約の解除を選び、解約手続きを画面の指示に従って進める流れとなります。
この手続を進めることで、現在利用しているサービスが解除され、以降は料金が請求されなくなる結果に至ります。
ただし、更新月以外に解除を行うと違約金が発生してしまいますから、やはり会員ページか電話窓口で確認することが必要です。
電話の場合は土日祝日も関係なく、毎日10時から19時の間で問い合わせなどが行えます。
電話では音声ガイダンスが流れますが、3を押してから4を押すと解約が行えるようになります。
会員サポートページは24時間対応ですから、基本的にはこちらで解約を進めた方が良いでしょう。
いずれにしても、更新月に解約することがダメージをゼロにするポイントなので、やめ方よりもやめるタイミングが重要です。

nifty wimax WiMAX違約金のかからない更新月は?

解約しても違約金がかからない更新月は、最初の最低利用期間を迎える25ヶ月目で、この時に利用をやめると負担が0円になります。
言い換えれば、24ヶ月目や26ヶ月目以降に解約すると、違約金が発生してしまうことになるでしょう。
ただ、49ヶ月目や73ヶ月目のタイミングであっても、25ヶ月目と同様に無料で解約が可能です。
更に契約した当月、つまり0ヶ月目に解約すると、違約金が発生してしまうので注意が必要です。
適用されたキャンペーンや割引も無効になるので、この点にも注意が必要だといえます。
勿論、使用した通信量についても違約金がありますから、違約金と使った分を支払うことになります。
利用開始月や1年目の税抜19,000円で、2年目は14,000円、3年目以降は9,500円です。
利用期間が長いほど負担は少なくなるものの、それでも無視できない負担が発生するので、必ず更新日を逃さないようにしたいところです。
1ヶ月、あるいは1日でもタイミングがずれると負担がありますから、受け付け時間が限られる電話を使う方法で手続をする時は特に気をつけましょう。

nifty wimax WiMAX 解約手続き注意事項

niftyのwimaxを解約手続きする時は、IDまで完全に解約を行うと、メールアドレスが利用できなくなることに注意です。
会員サポートページにログインできなくなるので、各種の契約情報や利用状況の確認も不可能になります。
niftyでは、wimaxのサービス解約を済ませてからIDの利用を解除する、という手続きが求められます。
前者はまだメールアドレスが使える状態ですが、後者を行うと完全に利用できなくなります。
厳密に言えば、前者はサービス利用の解除で、後者はniftyの会員そのものをやめる手続きのことです。
IDさえ有効であれば、まだ会員情報のチェックはできますし、会員サポートページにアクセスして各種の内容が確認できます。
逆に捉えると、解約だけではIDが有効なままなので、再びログインできる状況が残ります。
タイミングを間違えないことも大切ですが、順番に正しい手続きで解約する、それもまた念頭に置いて気をつけたいポイントです。

nifty wimax のメリットデメリット

niftyはインターネット黎明期から存在するサービスで、知名度が高く信頼できる点が大きなメリットです。
手厚いサポートにも期待できますから、安心して契約したり利用可能なサービスとなります。
また、キャッシュバックを受け取るチャンスが豊富なのもメリットで、niftyを検討する際のポイントとなっています。
他にも、固定回線との併用で月額料金が少しお得になったり、スマホとでんきやガスのセットでお得になることも魅力です。
一方のデメリットとしては、口座振替が不可能でクレジットカードが必須なことや、更新月を逃すと高額な違約金が発生する点が挙げられるでしょう。
解約と解除という似ている言葉で混乱しやすかったり、解約手続きを行っても正常に完了したか分かりにくい、といった気になる部分もあります。
メリットとデメリットのバランスを考慮すると、違約金を除けば割と良好ですし、タイミングさえ逃さなければダメージゼロで解約できます。

biglobeのwimaxを違約金なしで解約する方法

biglobe WiMAXの解約方法

biglobeのwimaxは、解約方法として電話とインターネットの2つが用意されています。
電話解約はカスタマーサポートの対応で、土日や祝日に関係なく、10時から19時の間で受け付けているのが特徴です。
電話はフリーダイヤルで利用できますから、費用を気にせず手続きを行うことが可能です。通話開始後、いわゆる機械の音声ガイダンスが流れるので少し驚きますが、手続きを進めるとオペレーターに繋がるので心配無用です。
途中でbiglobeのIDが求められるので、予め契約書類かメモを用意しておくのが良いでしょう。

対するインターネット窓口は24時間の対応ですから、時間のある時に何時でも、自分のペースで手続きが進められます。
公式サイトを開いたらログインを行い、該当ページの下部からアクセスします。
ページを進めると選択項目などが表示されるので、画面の内容に従って、1つずつ進めて行きます。最終的に退会を確定するボタンを押せば、wimaxの契約を辞めるのに必要な手続きの完了です。

biglobe WiMAX解約手続きの流れ

biglobeが提供するwimaxの解約手続きは、窓口によって作業方法や流れが違います。
電話ではまずカスタマーサポートのフリーダイヤルに問い合わせ、音声ガイダンスを聞きながら番号を押し進めます。
利用料金の確認は1で、契約内容に関する手続きは2、退会は5を押してそれぞれ操作を行います。
音声ガイダンスを聞き逃してしまったり、もう1度確認したい場合は、9を押せば同じ内容が再生されます。
ただし、2回続けて9を押すとオペレーターに繋がってしまうので、この点には注意が必要でしょう。
利用しているサービスの選択を間違えないこと、これも間違えないように気をつけたいポイントです。
インターネット窓口だとオペレーターのサポートはありませんが、気兼ねなく利用できるメリットがあります。
biglobeの公式サイトを開き、マイページという項目からログイン画面に進んで、IDやパスワードを入力します。
ログインが完了すると、インターネット接続の解約をするという項目が表示されるのでボタンを押しましょう。
選択肢には何故辞めるのか、本当に辞めるのかなど、アンケート形式で項目が表れるので、答えながら解約を進めて行く形です。

biglobe WiMAX:違約金のかからない更新月は?

biglobeは、更新月に解約を行うとwimaxの違約金が発生しないので、このタイミングが狙い目となります。
ただ、2年と3年の契約の長さで更新月が異なりますから、この点には注意が必要です。
2年契約だとサービス開始の翌月から24ヶ月、3年契約であれば同じく翌月から36ヶ月目のタイミングで更新月を迎えます。
契約時のお得なキャンペーンは、魅力に感じられる特典の1つですが、中途解約だと15,000円の違約金が発生します。
この為、最低利用期間未満の解約は要注意ですから、折角の特典が無駄にならないよう、手続きのタイミングには気をつけましょう。
また、ルーターを購入している場合は、端末料金の分割払いにおける残金を一括で支払う必要がでてきます。
これは契約から2年以内の退会、あるいは解約の際に発生するもので、無料ではなく実質無料なのが理由です。
wimaxのページを確認すると分かりますが、端末料金はbiglobeが毎月負担を行い、最低利用期間を終了すると無料になる契約です。
違約金が発生する解約方法だと、分割した金額の残債が残りますから、一括払いで請求されることになるというわけです。

biglobe WiMAX解約手続き注意事項

biglobeのwimaxを解約する時は、注意事項を確認して、タイミングを逃さずに手続きを済ませることが重要です。
更新月は手続きのチャンスですが、手続きを行わずに期限を過ぎてしまうと、契約は自動的に更新されてしまいます。
この時点で定期利用期間が適用されますから、解約しようにも次のタイミングまで、違約金が発生してしまう状況になります。
手続きは更新月の早いタイミングで行う、これがチャンスを逃さない為のポイントで、違約金の負担を避ける条件です。
解約と退会は似ている表現ですが、前者は利用中のサービスを辞めるだけで、biglobe自体にはアカウントや個人情報が残ります。
後者は文字通り会員ごと辞めるもので、wimaxサービスもbiglobeも利用が終わります。
プランを変更するだけなら前者、他社のサービスに乗り換えるなら後者を選ぶことになるでしょう。
手続きは25日の締め切りですから、26日になると翌月扱いになるのでこちらも要注意です。
端末無料の特典を利用していても中途解約だと残債の支払いが発生したり、メールアドレスが使えなくなる可能性があることも注意事項です。

biglobe WiMAXのメリットデメリット

biglobeのwimaxは、大手企業が提供する安心感とサービス品質という、魅力的なメリットがあります。
当然ながらサポートの手厚さにも期待できますし、何と言ってもbiglobeのメールアドレスが利用できる特典もつきます。
更にキャンペーンが豊富で口座振替も利用できたり、契約月の月額料金が無料になる点も魅力です。
auスマートバリューmine適用時の適用を行えば、LTE通信が無料になりますから、この点も見逃せないところでしょう。
しかし、契約期間によって違約金なしで解約できるタイミングが異なり、更新月を逃すと違約金が発生してしまうのはデメリットです。
25日締め切りで1日でも遅れると次の解約タイミングまで長い期間が空く、これもまた気になるデメリットだといえます。
ルーターの残債は特に、思い掛けない出費になりますから、実質無料で解約できるか確認して、更新月に忘れず手続きをする必要があります。
ルーターは実質無料で実際は毎月少しずつ安くなる、といった仕組みなので、思わぬ落とし穴にならないよう、契約の段階で確認しておくことが大切です。

GMOとくとくBBのWiMAXをダメージゼロで解約する方法

GMOとくとくBB WiMAXの解約方法

gmoとくとくbbのwimax解約方法は、会員サポートページのbbnaviで行うやり方となっています。
具体的には、bbnaviで更新月を確認して、サービスとオプションの削除、解約ページで該当のサービスを選ぶ形です。
bbnaviのページにログインして、手続きしたいサービスを選ぶだけと簡単ですが、誤って他のサービスを削除しないように要注意です。
また、もう1つの方法として書面を郵送するやり方もありますが、wimaxは対象外なので、やはりbbnaviを利用することになります。
端末の返却は不要ですし、画面の指示に従い操作するだけですから、内容を良く読んで手続きを進めれば簡単です。
更新月以外なら電話窓口やWebフォームから問い合わせできますが、通常はインターネットで完結することになっています。
いずれにしても、手続きの際は違約金が発生しないか確認した上で、gmoとくとくbbの会員サポートページから手続きするのが基本です。

GMOとくとくBB WiMAX 解約手続きの流れ

解約手続きの流れはとてもシンプルで、まずは公式サイトから会員サポートページのbbnaviを開き、IDとパスワードを入力してログインします。
次に、現在ご利用中のサービスの項目を選び、契約更新月を確認して作業できるかチェックしましょう。
手続きは契約更新月の前月21日から20日まで可能で、この間ならbbnaviで解約できます。
それ以外の月に解約を希望する場合は、その月の20日よりも前に、電話窓口かWebフォームで問い合わせする必要があります。
更に、毎月1日から10日頃は請求書の作成期間中なので、この間も通常の方法では解約できないことに注意が必要です。
タイミングを誤ると翌月の料金が請求されてしまいますし、折角のタイミングを逃す恐れもあります。
解約しても連絡がない場合は、メールの受信を拒否してしまっていたり、迷惑メールに分類されている可能性が高いです。
サポートセンターに連絡を入れる場合は特に、問題なくやり取りできるように気をつけたいところです。
利用サービスの削除を済ませることができれば、端末の返却は不要なので、これでもう完了となります。

GMOとくとくBB WiMAX違約金のかからない更新月は?

違約金のかからない更新月は、2年以上の契約期間が過ぎて次の更新月がタイミングです。

例えば5月に契約して端末を受け取った場合は、その2年後の6月が更新月となります。
正確には2年契約なら25ヶ月目、3年契約であれば37ヶ月目が該当します。

更新月の20日よりも前、前月の21以降なら解約手続きを始めることが可能です。
この間は違約金が発生しませんし、安心して解約することができるでしょう。
ただ、間違いなく手続きする為には、会員サポートページのbbnaviを利用して最新の情報を確認することが大切です。

サービスの利用を始めた翌月から数える形なので、1ヶ月ズレて認識していると、更新月を間違えてしまう恐れがあります。

それに、1日でも期限を過ぎて解約すると違約金がかかりますから、間違えないように前もってbbnaviをチェックするのがベストです。

仮にもしチャンスを逃してしまえば、次の機会まで契約を続けることになったり、違約金を払わなければなくなるので注意しましょう。

GMOとくとくBB WiMAX 解約手続きで注意すること

たまま放置していると、違約金が発生してしまう可能性もありますし、次の契約更新月まで待つ事になった人も珍しくないのでで注意が必要です。

解約手続きにおける注意点としては、更新月を逃すと契約期間に応じて、税抜19,000円か24,800円の違約金が発生することが挙げられます。

それに26ヶ月以降でも、9,500円の違約金が設定されていることも注意点に加わります。

更新月の確認はbbnaviにログインするだけと簡単ですし、何時でも表示してチェックできるので、解約可能になる前から定期的に確認した方が良いでしょう。

日付も解約手続きにおける注意点なので、何時契約して利用を始めたか、その月から数えて何ヶ月かも要チェックです。

クーリングオフ期間の8日以内や20日以内でも、解約手数料を支払わずに利用をやめることができます。

20日目までならリスクなしでやめられますが、8日目を過ぎた後は電話窓口に問い合わせて、そこから手続きを進めることになります。

受け付けは平日10時から19時のあいだですから、曜日や時間を逃さないように気をつけましょう。

それとキャンセル扱いになるので、20日目までに使用した分の通信料を支払ったり、端末の返却が必要なことにも注意です。

GMOとくとくBB WiMAX違約金のかからない更新月は?

改めて違約金のかからない更新月を確認すると、利用開始2年後の翌月25ヶ月目か、3年経過後の37ヶ月目となります。

前月21日から当月20日までが解約のチャンスで、違約金を支払わずにサービスの利用がやめられます。

最低利用期間を経過した後の解約は、会員サポートページのbbnaviで手続きできたり、gmoに対する端末の返却が不要ととても便利です。

注意点は、違約金は更新月いっぱいかからないわけではなく、期限を過ぎると契約が更新されてしまうことです。

それから契約当月であれば、8日以内か20日以内の間で、違約金不要の解約が実現します。8日以内なら無条件で手続きできますが、税抜3,000円の事務手数料は請求されます。

20日以内でも違約金はありませんが、電話で手続きをする必要があったり、使った分の料金は請求されるなど負担があります。

送料負担で端末を返さなくてはいけないので、キャンセル可能といってもダメージゼロではないです。2年目以降の25ヶ月、37ヶ月のタイミングなら、違約金どころか端末の返却も不要なので、ダメージゼロで解約が行えるでしょう。

so-net wimaxを違約金を払わず解約する方法

So-net WiMAXの解約方法

so-net wimaxの解約は、Webサイトの会員ページとオンラインチャットから行う事が出来ます。
オンラインチャットを窓口としているところは珍しいですが、こちらであればチャットで申し込みが出来るので簡単です。一方でチャットの窓口はあるものの電話やファックスを使った方法は提供されていません。
もしWebサイトの会員ページにログインできなような状況の場合にはまずはログインができるようにするか、またはチャットを相談する事が出来ます。いずれにしてもWebサイトからサービスの申し込みなどを行っているので、会員ページにログインできるようにしておいた方が引き続き利用するのであれば必要です。
会員ページであれば、各種サービスの申し込みなどを行えますが、wimaxの解約も簡単に行う事が出来ます。so-netのすべての利用をやめたい場合には退会という手続きになりますが、退会そのものもこの方法で簡単に行う事が可能です。

So-net WiMAX解約手続きの流れ

so-net wimaxを解約する場合には会員ページにログインし、オプションから利用しているサービスを選んで行います。解約の申し込みを行うと登録されているメールアドレスに受付のメールが送られてきますので、申込みそのものは完了です。
なお、解約した場合には申入み月の月末までwimaxを利用することができます。また料金は申し込みをした月は発生していますので、翌月に支払う必要があります。日割りは行われません。これはwimaxというオプションサービスからの解約ですから、so-netの退会ではありません。もしすべてのサービスを中止したい場合には退会することになります。それと注意しなければならないのが契約解除料の有無です。
wimaxでは契約プランによってお得な料金設定がされるのでリーズナブルに利用することができますが、更新月を除けば、すべて解約違約金が発生するため、事前にそれらの有無を確認しておくことが必要です。

So-net WiMAX:違約金のかからない更新月は?

解約金がかからない更新月はプランによって異なります。2年であれば25ヶ月目、3年では36ヶ月目、4年では49ヶ月目が更新月です。たいていは更新月の案内が行われますがメールでの連絡となるので注意が必要です。これらは他のモバイルプランでも同様であり、何のアクションも起こさなければ違約金が発生します。解約違約金は経過した月数で変わりますが、契約締結後から12ヶ月以内であれば19,000円が発生するので注意が必要です。なお、更新手続きを行わないと契約は継続される仕組みとなっており、再び更新月もかなり先になりますから、更新月に契約を続けるのか、それとも解約するのかしっかりと考えなければなりません。契約の自動更新が行われた場合には、解約違約金は9,500円一律となります。
これらの情報は会員ページで提供されていますから、事前に確認しておくことが大切です。解約違約金の金額は決して少ない額ではありませんから気をつける必要があります。

So-net WiMAX解約手続き注意事項

解約をする際の注意事項の第一は、解約違約金が発生するかどうかで申し込むさいに更新月であるか確認しておくことが大事です。また基本的には更新月でなければ発生するものですから、タイミングとしては案内のメールが来た時点で続けるのか変更するのか選択する必要があります。
wimaxではルーターはレンタルで返却する必要があるものです。wimax2+はルーターは買取という扱いであるため返却する必要はないものです。なお、wimaxはオプションサービスですから、so-netから退会しない限りはサポートは受けることができます。方法そのものは2年・3年・4年ともに変わりないものです。
解約ではなくプラン変更の場合には移行できない場合があります。例えば3年プランのものから2年プランにすることはできませんが、その逆は可能です。2年プランにしたい場合には一度行って再契約をする必要があり、それを解約違約金を発生させずに行うためには更新月に手続きをしなければなりません。

So-net WiMAXのメリットデメリット

so-net wimaxを利用するメリットとしては、端末への機種変更が0円という点です。これは3年プランである必要がありますが、最新のタブレット端末を手に入れることができます。またキャッシュバックキャンペーンなど特典の受け取り手続きも不要です。このほかオプションサービスが充実しているのもso-netが選ばれる理由です。
一方でデメリットは3年プランでしかサービスが充実していないことや、支払いがクレジットカードでしか申し込めないといった点が挙げられます。月額料金は他のサービスと比べても安いですが、解約違約金が契約直後の金額が高額に設定されていることも大きなデメリットといえます。
このようなことから、クレジットカードを保有しており、すでにso-netの会員であり、また契約したプランを更新月まで利用できる人であれば、デメリットは大きくはありませんが途中で解約する可能性がある場合には高額な違約金を支払うことになります。

ソフトバンクエアー解約金のダメージゼロで乗り換える方法

ソフトバンクエアーを無料で解約する方法

ソフトバンクが提供するモバイルサービスのairでは、高額な解約金が設定されています。
これは更新月以外に辞めようとする場合に発生する負担で、その機会を逃してしまうと支払いが求められます。
また、Airターミナルの利用で分割払いを選択するケースでも、同様に負担が発生することがあります。
ソフトバンクエアーを無料で解約する為には、最低利用期間の2年以上使い、Airターミナルの分割払いを完了した上で、次のタイミングで辞めることが条件です。
具体的には4年使用後で更新月のタイミングですから、契約前に無料で辞める条件を良く確認したり、どの時点で無料になるか把握しておく必要があるでしょう。
更新月は契約した月によって決まるので、その点を理解して念頭に置いてから、利用を決めることが大切です。
既に利用を開始しているのであれば、使い始めた日付の確認を行い、4年後と次の更新月をチェックすることで、無料で辞められるタイミングが分かります。
例外として、利用開始から8日以内のクーリングオフ期間中や、他社からの乗り換えキャンペーン利用なら、無料になって負担がなくなります。

ソフトバンクエアーのデメリット

ソフトバンクエアーのデメリットは、解約が無料になるまでの契約期間が長く、4年使わなければいけない点がその1つです。
しかし、softbankの営業エリアに含まれていない地域だと、契約自体ができない可能性があります。
これは例えばマンションに入居していて、5階以上の高さに住んでいる場合も、エリア対象外として契約を断られる恐れを意味します。
それに、契約できたとしても解約金が高めの設定で、一度利用を始めると心理的にも辞めにくいのがデメリットです。
意外かもしれませんが、実はsoftbankが提供する固定回線よりも、ソフトバンクエアーの月額料金は高くなっています。
月額料金なら3,800円と4,300円の違いですし、24,000円の工事費はない代わりに、58,320円の本体代金が発生します。
ただし、いずれも解約時まで負担はありませんから、長期利用を行うつもりであれば、あまり気にしなくても良いポイントとなるでしょう。
回線速度も固定回線の方が速い傾向なので、ソフトバンクエアーは固定回線が引けなかったり、工事なしで直ぐにインターネットを使いたい場合におすすめとなります。

ソフトバンクエアーの解約金はいくら?

ソフトバンクエアーの解約金は9,500円で、最低利用期間を超えて更新月を迎えないと、この金額の負担が必要となります。
本体は購入だと58,320円と高額ですし、レンタルだと分割できるものの、4年未満だと残債が発生するので、やはり辞める時の負担は大きいといえます。
2年後の更新月なら負担は0円ですが、本体の残債が19,440円残るので、19,440円の費用の支払いが求められるでしょう。
ソフトバンクのサービスに関係なく、最低利用期間に満たない利用だと、少なからず解約金が発生するのは仕方がないことです。
それでも、契約する回線によって金額は変わってきますし、やはりソフトバンクエアーの9,500円は他と比べて高めの設定だと思われます。
解約金を無料にしたり少しでも下げたいのであれば、情報を集めて無料になる条件を把握したり、その方法を活用できるようにしておくのが安心です。
そうすることで、サービスの利用を前向きに考えることができたり、不安なく使い始められるはずです。

ソフトバンクエアーの解約金の確認方法

ソフトバンクエアーの解約金を確認するには、通話料無料の専用電話窓口に問い合わせるか、契約者用の会員ページにログインする2つの方法があります。
前者は平日の10時~19時の受け付けで、自動ガイダンスに従い操作を行うと、オペレーターに通話が繋がります。
一方の後者は、ログイン後のページでS-IDでログインを選ぶと、これで分割払いの残り回数や残債と、残金が24時間何時でもチェック可能です。
分割払いはソフトバンクエアーの端末、Airターミナルに関するもので、基本的に毎月1,620円の36回払いとなっています。
ただし、月月割の適用によって実質無料になりますが、早期に解約すると違約金として残債の支払いが必要です。
開通工事が不用で簡単に使い始められる、そういった評判がありますが、速度は遅くなってしまうという声も少なからず存在します。
端末の到着後8日以内なら解約金なし、つまり無料で解約できるので、この間に使用感を確かめることが肝心です。

ソフトバンクエアーの最低利用期間は

ソフトバンクエアーは、最低利用期間が2年に設定されていて、この間に解約すると違約金の支払いが必要です。
詳しくいえば、契約を交わし利用を開始してから2年以上で、Airターミナルをレンタル契約していると、分割の残債を一括で支払うことにもなり得ます。
しかし解約金も残債も0円にしようと思えば、実質的に4年以上使い続けることが必要になってきます。
工事不要で使えたり、開通までの日数が短く済むのは魅力ですが、こういった利用における条件があるので要注意です。
ただ、他社からの乗り換えキャンペーンを活用することで、解約費用が還元される特典がありますから、実質的に負担が0円となります。
利用開始後に他の回線と比較して乗り換えたくなっても、キャンペーンを利用しておけば解約金の支払いなしで、解約や乗り換えが実現します。
通常は最低利用期間の2年以上の契約継続が不可欠ですが、いくつかある条件の1つにあてはまれば、2年間使わなくても済むというわけです。