BroadWiMAXがおすすめというのが結論

人物画像

 

WiMAXは機種が同じならどこで買っても性能は同じです。なので、


どのプロバイダで買うか迷った時、おすすめする比較項目は5つだけです。

総支払額を比較

人物画像

 

キャッシュバック額が高くても総支払額が高ければ意味がありません。


キャッシュバックの額を比較

人物画像

 

そのキャッシュバックホントに得?ダマされてる場合がほとんどです。


キャッシュバックのもらいやすさを比較

人物画像

 

難しくてもらえずに終わる人が続出しています。


キャッシュバックいつもらえるかを比較

人物画像

 

払い出しが後過ぎて手続きを忘れてしまう人がたくさんいます。


WiMAXの機種を比較しましょう

人物画像

 

安くても最新機種じゃないと遅くて逆に損をします。


 

【結論】一番おすすめなwimaxは。。

 

人物画像

 

値段が安くても腹が立つwimaxプロバイダを選んではいけません。なので。。


BroadWiMAXが一番おすすめなプロバイダです。なぜなら人は・・・

 

人物画像

 

BroadWiMAX公式サイト

 

人はWiMAX選びでストレスをためたくないのです。

 

もちろん、値段が安いプロバイダがいいに決まっています。でも、

 

WiMAX選びで一番大切なことは、

 

人物画像

 

WiMAXを選ぶときに、ストレスになることをしない。 


ということに尽きると思います。

 

WiMAX選びは、

 

キャッシュバックが面倒ででイライラ、

 

料金の計算が複雑でイライラ、

 

かなりいろいろなストレスがたまるのです。

 

BroadWiMAXはほかのプロバイダに比べて使用上で感じるストレスが0ゼロなのです。

 

なぜおすすめなのか、順にご説明していきます。

 

BroadWiMAXがおすすめな理由1

 

人物画像

 

契約期間中に支払う金額が2番目に安い!


2番目?1番じゃないの?と言われると思いますが、1番安いところはが機種が古いのです。

 

wimaxは機種が古いと速度が遅い、バッテリーのもちが悪いなど、
最新型の機種に比べて性能が各段に落ちるのです。

 

BroadWiMAXは最新機種のW06です。下り最大1.2ギガ!
使用していてスピードでストレスを感じることがないwimaxなのです。

 

BroadWiMAXの機種を見てみる

 

BroadWiMAXがおすすめな理由2

 

人物画像

 

最新機種のwimaxを選べる!


BroadWiMAXでは機種が最新なプロバイダでは最安値です。

 

キャッシュバックの金額がが多いwimaxプロバイダは、キャッシュバックでお客さんを釣り、古いwimax機種を投げ売りしている場合が多いのです。

 

こういう騙された感は非常に大きなストレスとなります。

 

BroadWiMAXはそれがないのです。

 

BroadWiMAXがおすすめな理由3

 

人物画像

 

キャッシュバックのことを心配しなくていい!


BroadWiMAXはキャッシュバックがないがストレスもない

 

BroadWiMAX公式サイト

 

BroadWiMAXは、キャッシュバックがありません。

 

キャッシュバックが多くもらえるwimaxプロバイダは、月々の支払いが高く設定されていて、キャッシュバックをもらうことで元が取れるようになっています。

 

しかし、WiMAXのキャッシュバックはちゃんともらえる人が全体の半分以下と呼ばれるほどもらうのが非常に難しいものです。

 

比較画像

 

BroadWiMAXはキャッシュバックがない代わりに、期間中に払う総額が他のキャッシュバックが高いプロバイダよりダントツに安いのです。

 

見た目のキャッシュバックの額よりも、契約期間で支払う総額が一番安いプロバイダを選ぶことが大事です。

 

また、ほかにも比較する項目がたくさんありますが、BroadWiMAXはすべての点において優れているのです。 順番にご説明いたします。

WiMAXプロバイダ比較項目と注意事項

人物画像

 

冒頭でも説明したように、WiMAXは機種が同じならどのプロバイダでも性能に変わりはありません。 

 

では何が違うのか? なにがおすすめなwifiで、何を比較するべきなのか?は決まっています。

 

下記にwimaxのプロバイダを比較するときの項目を並べてありますのでご覧ください。

WiMAXプロバイダ実質月額料金、契約期間中の総額料金を比較

人物画像

 

人物画像

 

GMOとくとくBBは、WiMAXの中でもキャッシュバック額が高く人気のプロバイダーですが、もらえるまでのハードルが鬼高いことでも有名です。
キャッシュバックの金額だけで考えるとGMOとくとくBBやBIGLOBEに軍配が上がりますが。。


比較画像

 

WiMAXのキャッシュバックは、もらえないで終わる人が続出しています。

 

人物画像

 

キャッシュバックアウト(キャッシュバックがもらえない状態)になると挽回できません。


 

ワイマックスのキャッシュバックは、よーく気を付けないと、もらえない仕組みになっています。順にご説明します。

WiMAXプロバイダキャッシュバックもらい方比較

人物画像

 

GMOとくとくBBWiMAXの例

人物画像

GMOとくとくBBWiMAXはキャッシュバック額が減額になり32,000円となりましたが、それでもワイマックスのキャッシュバックの中では一番の高額キャッシュバックです。

 

高額のキャッシュバックで人気ですが、キャッシュバックをもらえるまで超えないといけない壁がいくつも存在します。

 

また、キャッシュバックまでやることが多いだけではなく、数々のワナが仕掛けられています。

 

すでにGMOとくとくBBの会員の人はキャッシュバック対象外

人物画像

GMOとくとくBBは、結構歴史が古く、ワイマックスのほかにも、フレッツ光、ドコモ光、ADSLや固定IPサービスなど、幅広く事業を行っています。

 

注意すべきは、以前フレッツ光やドコモ光などのGMOとくとくBBのサービスを利用していた人は、ワイマックスのキャッシュバックキャンペーンの対象外となってしまうのです。 

 

すでにGMOとくとくBBの会員になっている人はキャッシュバックもらえない、ということになってしまいます。

 

わたしは以前自宅でフレッツひかりを利用していた際、当時のプロバイダの資料を探してみたら、ソネットで契約していました。

 

フレッツひかりを使っているという自覚はありましたが、正直どこのプロバイダだったか思い出せないまま時間が経ってしまいましたが、そういう人も多いのではないでしょうか?

 

高額キャッシュバックにひかれGMOとくとくBBでワイマックスを契約し、ついにキャッシュバックと思っていたら、昔別の契約をすでにしていた。

 

その結果全然キャッシュバックをもらえなかった、なんていうことが起こりうるということですね。

 

ADSL時代にまでGMOとくとくBBの契約が及んでいるわけですから、(え!長い)思い出せる人のほうが少ないかもしれません。

 

以前自宅で使っていた時のプロバイダ、思い出せますか?その時GMOとくとくBB、利用していましたか? もし使っていたら32,000円はもらえません。

 

キャッシュバック用口座設定が11ケ月後

人物画像

キャッシュバックのための受取用銀行口座を指定する手続きが、契約してからし実質11か月後になります。 時間が結構経ってからの作業になりますね。

 

これはどういう意図があるのかわかりませんが、微妙な時間設定ではと思います。

 

1年だと覚えている人もいますからね。11か月。 GMOはいったいなにを意図しているのでしょうか?

 

これでは忘れてしまう人が続出しているのも頷けます。 また、GMOから来る口座設定用のメールですが、11か月後に来るといっても、11か月後のいつ来るかわからないのです。

 

メールが来て実際に確認できるまで、毎日毎日GMOからの広告メールを開封する作業に追われることになります。

 

ネットにはこれを『拷問』 と表現してい人もいました。確かに毎日毎日 『キャッシュバックいつだ?』と思いながらメールを開封するのは非常にストレスがたまる作業です。

 

連絡用メールアドレスを指定できない

人物画像

大事なキャッシュバックのメールがくるアドレスを、自分が普段使っているメールアドレスを指定することは出来ません。

 

メールアドレスは契約時にGMOで新しく割り当てられるものを使わないといけないのです。

 

これはGMOが用意するウェブメールなのですが、180日以降のメールは保存されず消去されてしまうので、自分のアドレスに転送をかけることもできますが、メールの設定が面倒な人はここでもハードルが一つあがってしまいます。

 

メールが受け取れた、口座指定も出來たら、入金はさらにその1か月後!

人物画像

なんとか拷問のようなメール開封作業もこなし、指定された方法で入金口座も指定し、良しこれでオーケーと思ったら、
実質のの入金日がその1ヵ月後なんですね。 

 

これでは、ワイマックスを契約してから入金になるまでになんと12ヵ月の時間がかかってしまうことになります。

 

その他にも、高額キャッシュバックの場合は、最新の機種が受け取れないなど、いろいろ落とし穴があることは確かです。

 

高額キャッシュバックは受け取ることが非常に難しいのです。

WiMAXキャッシュバックのタイミング比較

比較画像

 

WiMaxのキャッシュバックがいかにもらいづらいか、もらうのが大変かというのはいろいろなウワサが出回っている通りですが、やはり数々のワナが仕掛けてあるのです。

 

キャッシュバック申請の受付が遅すぎ

 

人物画像

 

ワイマックスのキャッシュバックは即日貰えるわけではありません。


 

プロバイダーごとに違いますが、キャッシュバックの申請がスタートするのは半年から1年後

 

人物画像

 

実際にお金がもらえるのはさらにその1ヵ月先などです。


キャッシュバック口座指定メールを見落とす

 

人物画像

 

ワイマックスの契約をする際、プロバイダーのメールアドレスを新しく作ります。 


 

プロバイダー側からの連絡はそのアドレスに来ます。大事なキャッシュバックのお知らせもこちらに来ます。

 

人物画像

 

つまり、普段見ていないアドレスにキャッシュバックのお知らせがくるので、見落としてしまう可能性があるのです。


 

一か月しか申請を受け付けてもらえない

人物画像

 

契約後11か月や6か月を経過すると前述のメールアドレスに連絡が来ます。


 

このメールに従って振込口座登録などを完了させますが、この期間がおおむね1カ月間です。

 

人物画像

 

その間、毎日プロバイダーから山のように広告メールが届きます。


 

その中から本命のキャッシュバック用口座を指定するメールがいつ来るかわからないまま、延々と続く広告メールを毎日開け続けなければならないのです。

 

WiMaxキャッシュバック受取り失敗する理由

人物画像

ここまでのお話で、十分キャッシュバックをもらい損ねてしまう理由がご理解いただけたと思います。

 

ワイマックスのプロバイダでキャッシュバックを設けているところは、

 

よーするに

 

キャッシュバックをなるべく払いたくないのです。

 

人物画像

キャッシュバックの申請受付を先延ばしにして、申請受付のメールもわざと見落とすような仕掛けを作り、メールを見つけたと思ったらその間一か月しか申請を受け付けてもらえない。

 

これはいじわるされている以外になにか表現があるのでしょうか? これだけ陰湿にやられたらキャッシュバックの受け取りを失敗する人が続出してもなんら不思議はありません。

WiMaxプロバイダ機種を比較

人物画像

 

WiMAX回線を選ぶ際、どのポケットwifiルーターをどう比較すればいいか迷っているかもしれません。

 

WiMAXの場合は、ポイントとして最新の端末を選ぶ以外に選択肢はありません。なぜなら、通信速度が圧倒的に違うからです。

 

また、これは多くのプロバイダで端末の差で費用の差はないため、最新の端末を選ぶことで結果的に得をするということになります。

 

またほとんどのプロバイダで申し込みの段階で最大の割引まで安く対応しているため、端末代金はほぼ無料ということになります。

 

2019年に発売となった最新機種はW06ですがこちらは下りスピードが最大で1.237mbpsと光回線に近い速度が1ギガを超えており、
ほかのWX05が下り最大440mbps、W05でも758mbpsと圧倒的なスピードが出ています。なので、ここではWiMAXの端末を比較するという必要はなく、最新機種のメリットを最大に受けるというのが正解です。

 

支払い金額が安いプロバイダでは、最新ではない機種を投げ売りしているパターンが見受けられ、こうなるといくら安くてもスピードが制限を受けるというのはネット環境を選ぶうえで考えられないことで、選ばないほうが賢明です。

WiMAXプロバイダおすすめプランを比較 ギガ放題プランと通常プラン

人物画像

 

ギガ放題はデータ通信無制限ですが、3日間で10ギガの利用を超えると速度制限制限がかかります。

 

3日で10ギガの使用量を超えさえしなければ無制限で通信が可能です。WiMAXのメリットの一つとして通信料無制限というのがあるので、この特徴を生かさないならWiMAXを使う必要ないんじゃないかというくらいのものなので、普通は皆さんギガ放題を選んでいるようです。

 

3日で10ギガを越えなければ通信制限がかからない、といっても、一体どれくらい使うと10ギガ超えるのか?ちょっとイメージできないと思います。

 

YouTubeなら、だいたい約12時間というのが目安となっていますので、一日4時間YouTubeをみたりしなければ3日で10ギガを超えることはなさそうです。

 

1日4時間、YouTube見ますか?みませんよね?見ない、という人ならWiMAXでギガ放題を選んでも問題ないと思います。

サポート体制の口コミを比較

人物画像

 

サポート体制が整っていることがWiMAXを気持ちよく使えるかどうかのカギになりますね。 多くのプロバイダではチャットボットが用意されていて、質問をすると答えてくれるようになっていますが、
実際にチャットで人が質問に答えてくれるところもあります。 下記はBIGLOBEとso-netのチャット画面になります。 

 

人物画像

結構きちんと答えてくれていますね。

比較画像

 

人物画像

端末についての質問をしていますが、端末の機種によっての性能の差は大差ないのでご安心くださいとありますが、端末が違うと性能は大違いなので、これは対応としては感じはいいですが内容が確実に間違っていますね。

 

比較画像

 

人物画像

ソフトバンクエアーなどの固定インターネットサービスからの乗り換えする場合、違約金を払ってくれるサービスがあるかと聞いてみましたが、残念ながらないようです。

比較画像

 

人物画像

今度はso-netです。やはりチャットできちんと質問に答えてくれています。 

比較画像

 

やはり違約金肩代わりのサービスはないようですね。。

比較画像

 

人物画像

今度はBroadWiMAXに聞いてみます。 どうやら乗り換え違約金を代わりに支払ってくれるサービスがあるようです。 

比較画像

 

人物画像

トップページのAIチャットから電話で相談するを選んで、電話で対応してくれるようですね。これは心強いです。

比較画像

 

人物画像

折り返しの電話を予約する、という項目があります。かけてきてくれるんですね。 

 

比較画像

 

人物画像

最終的にこんなメール届きました。 他社のWiMAX、Yモバイル、ソフトバンクエアーを利用している方でWiMAXに乗り換えたいという場合は、BroadWiMAXが最大19000円まで乗り換えの違約金を負担してくれます。 これはいいですね。 

 

遅いインターネットに困っていても、違約金を払うのが嫌で解約できなかった人には朗報です。

比較画像

 

BroadWiMAX公式サイトはこちら

あとがき

人物画像

 

前述のとおり、GMOとくとくBBWiMAXはキャッシュバックをもらえるのが奇跡に近いプロバイダですし、 そのほかにも、キャッシュバックをうたっていながら選ぶ端末によってはキャッシュバックがないようなプロバイダもあります。

 

比較画像

 

人物画像

UQWiMAXはこんな感じで、キャッシュバックが端末によって金額が変わるか、キャッシュバック自体が全くなくなってしまうというもので、これはプロバイダとして誠実な感じを受けません。

 

人物画像

比較表で見ていただいたように、業界最安値といっているクラウドモバイルでも提供している端末は、一世代前の速度が絶対的に遅いものです。
こちらもプロバイダとしての誠実さを感じません。

 

人物画像

冒頭でもご説明したように、結局WiMAXのプロバイダを比較して選択するには、ただ安く買いたい、という欲求だけを満たそうとすると必ず失敗します。

 

ではどうしたらいいかというと、3年間の契約期間を通してどうすれば一番ストレスなく全体的な満足感を得られるかをよく考えて行動したほうがよさそうです。

 

BroadWiMAX公式サイト

 

WiMAXの選び方

おすすめのWiMAXの選び方のオプションとしては、格安simに変更した場合やスマホの乗り換えを機にWiMAXにWi-Fiを変えるやりかtあでこういう人が多いです。 
高速インターネットで動画視聴も問題なし、データ通信量も無制限のwifiなので安心して使える特徴があります。

 

使い方はとても簡単で、申し込みをした即日発送、受け取りも最短で次の日です。

 

2年の契約ではなく3年の契約のほうが通信制限がないプランなので多く選ばれています。

 

10月は当ランキングサイトでも、重要な最新情報を紹介、解説しています。今、新しいうwifの通信会社を検討している方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

 

どのプロバイダも機種が同じなら。性能は変わらないので、あとは値段をよく考えるだけです。

 

WiMAXは、ワイモバイルのwifiもイマイチだし、ポケットwifiで何かいいのないかな? という人に最適です。高速インターネットモバイル通信にはなくてはならないものです。

 

工事不要ですぐに速度の速いインターネットに接続安心して使える特徴があります。nifty、カシモ、dtiなどが安くWiMAXのwifiを提供しています。

 

ただ、uqコミュニケーションズ uq wimaxは、WiMAXを安く提供することが出来ないのです。

 

なぜかというと、uqwimaxがほかのプロバイダよりWiMAXを安く提供してしまうと、代理店を行っているほかのプロバイダのWiMAXが売れなくなってしまうからです。

 

WiMAX選びで気を付けないといけないこと、デメリットは、3日で10gbのギガ容量の使用量を超えると、通信量に、速度制限がかかることと、通信の電波が届いているエリアか、lteがカバーされているか詳細に確認することです。 程度の差こそあれ電波がつながりにくい場合があります。 

 

乗り換えを検討されている人は乗り換えプランもあるプロバイダがあります。 ポケットwifiもおすすめなのは機種がだいたい決まってしまっています。

 

あとはキャッシュバックの受け取り方法が難しいことです。 また、口座振替 ではキャッシュバックが全額貰えないこともあります。
上記の理由からキャッシュバックなどの特典も大事ですが、全ての条件に当てはまるわけではありません。そこだけは徹底的に覚えておいてください。

 

3年間 の 支払いの中で最安値のプロバイダを一覧にまとめ表にしてあります。大きく差がつくことがありますので要チェックです。

 

現在ホームルーター、モバイルルーターにソフトバンクエアーを利用されているユーザーの乗り換えに伴う解約違約金を負担してくれるBroadWiMAXがとてもおすすめです。

 

なぜなら、必ず適用されるわけではないキャッシュバックよりも乗り換えに関する違約金を100%必ず負担してくれるほうがいいからからです。

 

BroadWiMAXの評判は業界ナンバーワン級の安さで、価格面で損をすることはありません。また、初期費用が安いため、決まった額以内に予算をおさえたい人にもおすすめです。

 

WiMAXの魅力は、基本的に工事費用がかからないこと、持ち運びが出来ること、またネットの知識無しでも、引っ越ししてもすぐ快適に接続できるのが最大の利点となっています。

 

プロバイダは数多くありますが、bic カメラやエディオンやヤマダ電機yamada、やヨドバシカメラなどの販売代理店の場合各社は内容や状況に応じてキャッシュバックを用意していますが、金額も大きくなく、最短即日受け取れるという以上のメリットはあまりありません。

 

またWiMAXは値段が安いからといって最新の機種がないプロバイダは選んではいけません。最新機種は圧倒的にスピードが速いので、満足度が違います。
jpwimaxなどはとにかく安さが重要という方にはいいですが、スペックに不安があります。

 

こちらのサイト経由で契約するとBroadWiMAX以外の他社からの乗り換え(softbankairからもOK)の場合違約金を負担してくれるところが良いところです。

 

とにかくWiMAXを選ぶときはキャッシュバックの額に惑わされず、36ヶ月の間で支払いが最も少ないプロバイダを選ぶこと、また3年目以降は乗り換えや機種変更をするとおもいますのでその時点で1つ1つ解決していけばいいと思います。そこで乗り換えると機種代は実質0円という場合も多いと思います。

 

BIGLOBEなどの大手のプロバイダではamazonギフト券でキャッシュバックをしているところもあります。